ブログ

XPERIA & FONで屋外WiFiアクセス

XPERIAなどドコモのスマートフォンは、通常のFOMA(ガラケー)とは違い、FOMA回線を利用してmopera U契約したスマートフォン端末がインターネットアクセスする契約になっている。
よって、XPERIA購入時にはmopera Uライトプラン(月額300円)への加入が必要。

XPERIAで公衆無線LANを利用するためには、mopera U(ライトプラン以外、月額500円)+U「公衆無線LAN」コース(月額300円)への加入が必要。
月額800円でドコモの公衆無線LANサービスのMzoneが使える。

今回私が使用した屋外利用可能な公衆無線LANサービスが「FON」だ。
FONに関しては昔のブログでも書いているが、自宅のWiFiを公開する仲間を増やし、共有しあう仕組みになっている。
私の自宅内ネットワークにはFON専用アクセスポイント「La Fonera」が設置してあり、同じFONユーザーなら誰でも利用できるようになっている。
反対に、私は外出先で誰かの「La Fonera」にアクセスできる権限を持っている。

また、相互乗り入れでLivedoor Wirelessのアクセスポイントも利用できます。

Android Marketに登録されているアプリ、Fon Accessと組み合わせると、FONのアクセスポイントに自動的にアクセスするように設定可能です。

ということで、私はこのFON+Livedoor Wirelessで、無料で屋外WiFiアクセスしています。
1ヶ月500円出せばMzoneが使えるので、そんな大きく節約できているわけじゃやないんですけどね。

それに、ドコモの3G回線が使えるXPERIAなので、WiFiアクセスする必要があるかどうかと言えば微妙だし。
(ソフトバンクの回線じゃなくてよかった、という意味合いで)


VAIO のトラックパッドが壊れた

二年前に購入したVAIO VGN-SZ95Sの左クリックボタンが壊れました。
クリックしても反応せず。
トラックパッドをタップすればクリックはできるのですが、やはりドラッグがやりにくい。
購入時に三年間の修理代金補償に入っているのでお金はかからないのですが、短期間でも手元にないのが困る。
全く動かないのなら諦めもつくのだが…
vaio-trackpad


XPERIA用充電ケーブル

普通に使っていると半日ぐらいしかバッテリがもたないXPERIA。
付属の充電器は自宅に置き、持ち歩けるUSB充電ケーブルを追加で購入。

オズマ株式会社
Willcom用Micro USB変換コネクタつき充電ケーブル
UAM-104
ヤマダ電機で980円でした。

ちなみに、このケーブル+市販のAC100V to USB充電器では、XPERIAに充電できません(パソコンのUSBポート経由だと充電できる)。

付属の充電器+ケーブルだと2時間ぐらいでフル充電できるのですが、パソコンのUSBポート経由だと充電にもっともっと時間がかかるようです。



XPERIA用ケース

XPERIA用ケースを2種類買ってみました。

ソフトケース RB9CE02 ヤマダ電機で980円
一般的な半透明シリコンケースです。
厚みがあるので、画面の端のほうがタップしにくいのが難点、シリコンケースなので滑りにくく、落としたりしにくいのがいいところ、って感じです。
液晶保護フィルム一枚付属。

ray-out RT-SE102/C ハードコーティングシェルジャケット amazonで1,782円

裏面からサイドまでを保護するハードケースと、前面の全体を保護するフィルムで構成されています。

ソフトケースが液晶部分のみフィルムで保護する方法なのに対して、ハードケースは液晶の周りのSony EricsonロゴやXPERIAロゴ部分までをフィルムで保護する方式です。
なので、この二種類を気分によって日々使い分ける・・・ということはできません。
フィルムを貼ったり剥がしたりする必要があるので。

ハードケースは上部の電源ボタンやUSBポートがある部分と、下部の3つのボタンからストラップを通す部分が保護されずそのまま露出されます。
どうしても絶対に何があってもXPERIAに傷をつけたくない!という人にはシリコンケースがいいのかもしれません。


XPERIAを買った

ドコモから4月1日に発売になったソニーエリクソンのandroid ケータイ「XPERIA 」を買いました。

普通のビジネスマンなので年度末の3月は猛烈に忙しく、XPERIAを予約に行く暇も無いまま迎えた4月1日。
予約しておいたXPERIAを引き取りに行くので定時で帰りまーす黒ハートと言い残し消えていくハマニシを横目に、まだ買うか買わないか悩む俺。

4月3日。土曜日なのに仕事。
代休とってくださいねー、なんて言われるが、とれるはずないだろうとイラつきながら帰宅しようとすれば外は雨でさらに気分は沈む。
そんな中、通り過ぎたヤマダ電機の店頭に
「XPERIA白 在庫緊急入荷!」の手書きPOPが。

追い討ちをかけるようにソニエリ社員のA氏から電話。
A氏:買った?
俺:いや、まだ。
A氏:お前が買わずに、誰が買う!

今朝iチャンネルで見た星占いに「本当に必要なものは何なのか、よく考えて行動しましょう」って書いてあったなあ。
衝動買いはしちゃいけないって意味だよなあ。

しかし、ふと気づくとヤマダ電機で契約書を記入していた。

おサイフケータイとiモードの仕事をしているのでガラケーと二台持ちです。サイバーショットケータイSO905iCSとXperiaで、ソニエリ2台持ち。
おまけに会社のPHSもあるので合計3台。

にちゃんやmixiで「設定が難しい」「設定がたくさんある」と書かれていたが、そんなこともなくGmail, twitter の設定は非常に簡単。
Wi-Fiの設定も一発で完了。

日本語入力も思ったより楽。
Webブラウズも、画面表示の縦横切り替えもそんなに遅くない。
これは面白いかもしれない。


XPERIAのイニシャル/ランニングコスト

●本体価格
新規契約扱いでデビュー割9,672円と購入サポート21,000円が割り引かれて本体価格36,792円でした。
24回払いで月々1,533円。
DCMXで貯めたポイントが15,000ポイントあったので、24回払いのうち最初の10ヶ月は分割料金0円、残り14回×1,500円なので、約21,000円で本体が買えた計算になります。

●ランニング費
毎月の料金はバリューSS980円、パケホダブル上限5980円、モペラUライト315円で、約7,300円。

本体価格分割+ランニング費で約9,000円。
(上記の通りドコモポイントで10ヶ月は7,300円だけど)
高いって言えば高いよなー。