鯖江の歴史を学ぶ

私が立ち寄ったのは、鯖江市の「まなべの館。

展示物で鯖江の歴史を学びます。

館内撮影禁止なので、写真はありません。

鯖江には、百以上の遺跡や古墳があることから、縄文時代から人が住み始め、弥生時代には古墳が作られるなど、集落ができ、支配体制が完成していたことがわかっています。

まなべの館には、縄文時代の土器や石器が展示されていました。

弥生時代から古墳時代の土器が、結構綺麗な形で残っているのは、不思議な感じがします。

古代の人たちも、自分の家で使ってた皿が、遠い未来に博物館で展示されるとは思わなかったでしょうね。

江戸時代、六代将軍徳川家宣の時代。

1720年に「鯖江藩」が作られたそうです。

その藩主が「真部氏」であったことから、この建物は「まなべの館」という名前になったようです。

城を作る計画が頓挫し、城がない城下町であった江戸時代、廃藩置県で「鯖江県」になったのち、数年で他の県に編入されるなど、なかなかメジャーになれなかった鯖江。

21世紀になり、「日本一幸せな街」として知られることになります。

曽根崎心中で有名な近松門左衛門は、15歳まで鯖江に住んでいたそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です