日本一レッサーパンダが多い鯖江の謎に迫る

レッサーパンダがたくさんいるという西山動物園に向かいます。

この山の上に動物園があるようですが、どうやら道を間違えたようです。人が歩いた跡がありません。

しょうがなく強行突破で雪道登山を決行。

汗だくでたどり着きました。

ちなみに、この後すれ違った会社の若者たちに「どうやって登って来た?」と聞いたら、「エレベーター」と言われました。

エレベーターだと…?

僕の疑問がいくつか解けました。

  • レッサーパンダはどこからきたの?→北京から来たようです
  • 増えたら返却とかしなくていいの?→国内の動物園に連れて行っているようです。

いました、レッサーパンダ!

思ったよりデカイです。

かわいいです。あざといです。モテる気満々です。

普段は笹やタケノコ、果物を食べているそうですが、小鳥の卵や小動物を食べることもあるそうです。

「かわいい顔をして人間を襲って食うことがあるのではないか」という僕の予想は外れたようです。

昭和60年の開園から、西山動物園では60頭のレッサーパンダが生まれたそうです。

保護環境では繁殖するのに、自然環境では絶滅危惧種なんですね。

レッサーパンダについつよくわかる説明。

アライグマにも、ジャイアントパンダにも近いんですね。

むっちゃ食ってます。ちょうど12時。

ランチは12時にとる派なんですね。規則正しい。

こちらの方も本気で食事中です。

先に果物を食べて、ニンジンは残していました。ニンジンは苦手派なようです。

僕も生のニンジンはそんなに食べたくないです。

レッサーパンダが大好きなことは誰にも言わないでねと言っていた西澤なんとか長に、レッサーパンダ柄の靴下でも買って帰ろうと思ったのですが、売店的なものはありませんでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です