jQuery MobileページをGoogle Analyticsで計測する方法

jQuery Mobileで作られたAJAXマルチページは、普通にGAタグを入れただけでは計測されない。

「jQuery Mobile Google Analytics」
で検索すると色々な方法が出てくるが、私が使っているのはこのページの方法。

仮想的にページっぽく計測するなら、_trackPageviewへ
_gaq.push([‘_trackPageview’, ‘/smartphone/’+hash.substr(1)+’.html’]);
のように渡してやるといいんじゃないかと思う。

トラッキングコード入れて、すぐに「ちゃんと計測できてるかな」って調べる時に、GAの新機能リアルタイム解析が超便利。


jQuery Mobileでサイトを作ってみた


リリースされたばかりのjQuery Mobile 1.0を使ってサイトを構築したので、気づいたことをメモしておく。

●jQuery Mobileのいいところ
・1つのhtml内で複数のページを表示できるため、3G回線でイラつく「ページ遷移時の、次のページ待ち」が無い。
・各スマートフォンに1ソースで対応できる。
・iPhoneのアプリのような、スライドページ遷移、アコーディオンボタンなどが簡単に作れる。
・javascriptの知識が必要無い

●情報
本家
日本語リファレンス
初心者向けの解説(バージョンが変わって、多少仕様が変わっているので注意)

●書籍


ともに近日発売予定。
本が出てくると楽だよね。

●問題点
1.外部js関数でdocument.writeを使わない方がいい?
jQuery Mobileページのhtmlから外部ファイルのjavascriptの関数を呼び出し、document.writeでhtmlを追加するとAndroid1.6と2.1で文字化けが発生した。
document.writeは使わない方がいいのかもしれない。

2.Androidでボタンアイコンが欠ける
jQuery Mobileでは、簡単にナビやボタンなどのリンクに「>」などのアイコンを付けることができる。
しかし、このアイコンの上部がAndroidだと欠けてしまう。
CSSをかなり調整したが直せなかった。

3.ヘッダ部のリンクがうまく動かない時がある?
Android, iPhoneともに多発しているのが「aタグのページ遷移がうまく動かない」という症状。
jQuery Mobile内ページA→Bと遷移し、外部htmlファイルのCに遷移した後、ブラウザバックでBに戻り、ヘッダ部の「トップへ戻る」リンクをタップしても遷移しなくなる。
どうやら、この「トップに戻る」のリンクがhref=”#index”の形式だとダメなようで、href=”/top/”形式だと大丈夫なようだ。


iPhone 3GSのヘットフォンジャックを交換してみた

iPhone 3GSのヘッドフォンジャックが壊れ、ヘッドフォンの片側からしか音が聞こえなくなっていたので、部品を取り寄せ交換した。

買ったのはこれ。

注文してから2週間ぐらいで、香港から国際郵便で届いた。

実物がこれ。

ヘッドフォンからスリープボタン、音量ボタン、メイン基盤などに繋がる、複雑なフラットケーブルなので、交換はかなり難しい。
どうしても自分で交換したいのなら、分解する時に写真を撮って、それを見ながら復元するなどの工夫をしましょう。
バラせても、普通じゃ組み直せないと思います。


iPhone 3GSのバッテリを交換した

スマートフォンサイト制作用に使っているiPhone 3GS。
ある程度バッテリがヘタっている上に、検証用として一日中動かしているので、電池がすぐ無くなる。
Amazonで¥1,500の激安バッテリを買って交換してみた。

分解&バッテリ交換方法はこのサイトに詳しく書かれており、参考にしながら30分ぐらいで交換できた。
必要な工具は、1.2mmのプラスの精密ドライバーと、こじあけ用にマイナスドライバーを数本。
それと、上記ブログでも紹介されているゴムの吸盤。これが無いと分解は難しい。

初めてiPhone 3GSを分解したのだが、素人でも組み立て作業が出来るよう、よく作られている。
フラットケーブルもコーティングされており、断線しにくい。

分解手順が①②③のような数字がケーブルや基盤に貼られていた。
組み立てではなく分解手順。
組み立ては熟練工がやるので順番を書く必要が無いが、分解はサポートのスタッフが手順を間違えないように、ということなのだろうか。

Amazonのレビューで酷評されているので、ちょっと心配だったが、とりあえず起動はできた。
フル充電後、数時間使ってみた。
バッテリが急激に減ったりすることもなく、普通に使えているようだ。

注意:普通の人はiPhoneを分解して自分で交換するような無茶はやめて、ソフトバンクとかに任せましょう。