Mountain LionのVMware Fusionをアップグレード

MacBook Air (2012モデル)のOSを、Mac OS X 10.8 Mountain Lionにしたところ、VMware Fusion 3が起動しなくなった。

まずはVMwareサイトからVMWare Fusion 4の評価版をダウンロード、インストールしてみる。

インストーラーにはVMware Fusion 3からのアップグレード機能も準備されていて、簡単に旧VM環境を移行できた。
Windowsとソフトの再インストール、Windows Updateを全部やり直すと、半日仕事になってしまうので助かる。

MacBook Air (2012モデル) Core i7/ 2G、メモリ8GBでWindows 7/ 64bitに4GB割り振ると、CPUは結構いっぱいいっぱい。メモリは全く余裕が無い。


MacのVM(Fusion, Parallelsなど)でWindows 7を動かしたい人は、i7 2GHz、メモリ8GB以上のスペックを選ぶのがおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です