Windows XP, Vista, Windows 7のThunderbirdアカウントとメールのデータ移行

インストール許可がもらえないなど、MozBackupが使えない環境用に以前書いた文章を再掲します。

以前のBlogではWindows XPからWindows VistaへのThunderbirdアカウントとメール移行について書きましたが、今回はWindows 7の情報を追加。

Thunderbirdのアカウントとメールデータは、
・プロファイルフォルダをコピーする
・profiles.iniファイルを編集する
ことで移行できます。
まずはこのプロファイルフォルダとprofiles.iniファイルを見つけるところからスタートです。

○XPのThunerbirdプロファイルフォルダとprofile.iniの場所
XPでは一般的に、以下の場所にThunderbirdのプロファイルフォルダが存在するはずです。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird\Profiles\
このフォルダにある、「ab0cd1e2.default」のようなフォルダがプロファイルフォルダです。
ここにメールアカウントやメール本文が保存されています。
またprofiles.iniファイルは
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\Thunderbird\profiles.ini
です。

○VistaまたはWindows 7のThundirbirdプロファイルフォルダとprofile.iniの場所
VistaとWindows 7では一般的に、以下の場所にThunderbirdのプロファイルフォルダが存在するはずです。
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\
またprofiles.iniファイルは
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.ini
です。

それではここから移行方法の説明です。
○移行先PCにThunderbirdをインストールする

○プロファイルフォルダをコピー
移行元のプロファイルフォルダから移行先のプロファイルフォルダへ、コピーを行います。
例えば、Windows XPからVista, Windows 7へコピーする場合は
XPのPCにあるプロファイルフォルダ「ab0cd1e2.default」をまるごと、VistaまたはWindows XPの
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles
フォルダの下にコピーしてください。
つまり、
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\ab0cd1e2.default
のような状態になればOKです。

○profiles.iniの修正
移行先の設定ファイルprofiles.iniを修正します。

移行先がVista, Windows 7の場合は
C:\ユーザー\[ユーザ名]\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.ini
を編集することになります。

profiles.iniは
[General]
StartWithLastProfile=0

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/????????.Default
のような記述になっていると思います。
この「????????.Default」の部分を、移行元からコピーしたフォルダの名前に変更します。

[General]
StartWithLastProfile=0

[Profile0]
Name=default
IsRelative=1
Path=Profiles/ab0cd1e2.default


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です