Illustratorで「ズレずに」Webスライス

IllustratorでWeb用にスライスすると、画像サイズがズレてしまうことが多い。
例えば、700×200の画像をIllustratorでスライスすると、書き出した画像が702×201になったりする。

これはIllustratorの標準設定がピクセルではミリメートル単位になっていることと、スナップ方法が設定されていないことが理由のようだ。

Tips_イラレでもズレませんブレません|イラレラボ illustrator-labo
リンク先に書かれている通り、環境設定を変更しておき、ピクセルプレビュー、ピクセルにスナップをチェックしておくとズレない。

Photoshop派の人はPSDに変換してしまいたいだろうが、複雑なレイヤー構造のIllustrator画像は、PSD変換時にレイヤーが保持できずに1枚画像に変換されてしまい、文字も編集できなくなる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です