iPhone 7の発売日はいつ?2016年9月16?

ヘッドフォンジャックの廃止、カメラの大型化、プロセッサの高速化などが噂されている、iPhone 7。
iPhone 4以降、毎年9月頃に発売されているiPhoneシリーズなので、今年も9月に発売されるのではないかと予想されています。

そんな状況の中、2016年9月16発売という情報が流れています。
iPhone 7の発売日は、2016年9月16日金曜日!?

情報ソースは、@evleaks氏のtweet。
以前からApple関連の情報をリークしているアカウントなので、本当なのかもしれません。
そうなると、一週間前の9月9日に予約開始、ぐらいのスケジュールになるのでは。

僕は先日iPhone 6を新しいものに交換したばかりで、バッテリも元気なので、すぐに買い換えたい理由はないのですが。
iPhoneが壊れたので「ケータイ補償サービス」で交換品を送ってもらった

とはいえ、ドコモポイントも貯まっているし、dカードゴールドのケータイ購入ご優待券もあるので、多分買い換えます。
dカードGOLD限定の「ケータイ購入ご優待券」が来た

ヘッドフォンジャックが廃止になるのはいいんですが、Lightningから3.5mmのヘッドフォンジャックへの変換コネクタがダサかったりしたらどうしよう・・・というのがちょっと怖いですね。
Bluetooth接続のヘッドフォンを買ってもいいのですが、今使っているbeat tour2やAKG Q460をそのまま使えたほうがいいんですがね。

ツイートツイート

モバイルバッテリーを買った

Facebook広告に出てきたUSB型モバイルバッテリーを買った。

2400mAhと容量はあまり大きくないが、緊急用としては十分な容量。
重さは73gと、iPhone5の112gに比べて65%ぐらい。
毎日持ち歩く用にはなるべく軽い方がいいので、これならまあ許せるか、といった感じだ。


ちょっと高い液晶保護フィルムを買ってみた

ふじやんのお薦めで¥2,940とちょっとお高めの、iPhone用のガラス製液晶保護フィルムを買った。

ぺにゃぺにゃのフィルムと違い、ガラス製なので固く、貼りやすい。
指紋もほとんど付かず、¥2,940分の価値は十分あると感じた。


SONY Xperia AXのFelicaがかなり不調な件

Xperia AXを購入したのだが、Felicaの反応が悪すぎる。
駅の改札を通ると、一度エラー(改札のタッチ部分が赤く光る)が出た直後、正常認識して通れる、ということが多い。
なので、毎回ドキドキする。
特に調子が悪いのが、セブンイレブンのレジ。
一発で認識する事が滅多に無い。
エラーが出るたびに店員に「ロック解除してからかざしてください!」と怒られる。
ロックしてませんよ・・・


Felicaリーダーと某社のFelica通信ダンプソフト(非公開なのでモザイク)など組み合わせてエラーチェックをしているのだが、Xperiaとリーダーを斜めから近づけたときに反応しないときがあるような気がするけど、再現性が無い。
(私は一応Felicaで通信するソフトを書いた事があります)

ドコモからは公式にかざしかたを工夫して何度かトライしてくれとリリースが出ている。
しかし、普通のSUICAなんかは、鞄にいれたままタッチしてもちゃんと認識するのに(やってる人、多いですよね)、8万もするスマフォが「工夫しないと認識しない」って、ちょっとびっくり。

まあ、製品のクオリティには定評のあるSONYさんなので、近々どうにかしてくれると期待しています。


Bluetoothスピーカーを買ってみた

iPhoneで音楽流しながら仕事しようと思って、Bluetooth接続のスピーカーを買ってみた

スピーカーの全面パネルのボタンを押すと、iPhone側のBluetooth設定画面にスピーカーの名称が出てくる。
それをタップするだけで設定完了。
音質は専門家じゃないんで全然わからないけど、特に不満は無い。
ベースぐらいの音が強めに感じる。

電話がかかってきたらどうなるのかは不明。
iPhoneを買って数ヶ月、ぼっちなので、電話がかかってきたことがないので。


Macbook AirにはiDVDがインストールされていない

タイトルの通り、Macbook AirにはDVDへ動画を書き出すためのソフト、iDVDがインストールされていないので注意が必要だ。
iMovieは付属しているので、動画編集やiPad/ iPhoneへの書き出しなどは可能だが、動画DVDは作れない。
DVDを作りたいのなら、別途iLife ’11を購入する必要がある。


iPadナビ計画3 走ってみた

ナビソフトはApp Storeで評判の良かった全力案内!ナビを900円で購入。
オービス通知や渋滞情報表示はオプションソフトの購入が必要。


通いなれた霞ヶ浦までの道、往復200Kmドライブ(二日間連続往復)に使ってみた。
設定は、「目的地点を指定して、ナビゲーション開始指定をする」、それだけ。
オプションとして「一般道路優先」「有料道路優先」しか選べない。かなりシンプルだ。
案内ルートを無視した後の、ルート再検索は結構早くて良いのだが、通りたいルートをナビが選んでくれない時には再検索祭りが発生するのでうるさい。

iPad内の音楽を再生する「BGM」という機能があり、多分ボリュームコントロールなどがナビに連動しているのだと思われる。
今回、iPad内に音楽ファイルを一つも入れていなかったので、次回試してみる。

ナビとしての操作性は、リモコンやハードウェアボタンがたくさんあるナビ専用機の方がiPadより良いだおる。
「信号待ち中に、近くのガソリンスタンドを探す」ような操作も、ナビ専用機では可能だが、iPadでは難しいだろう。
(もとから全力案内にはそんな機能は無いけど)
全く知らない道の案内の場合には、アドバンストオプション600円で交差点拡大表示/交差点音声案内の機能を付けた方が良さそうだ。

GPSのバッテリは往復200km×2日間(約9時間)はもたず、途中で切れてしまった。
iPadは残り20%ぐらいで耐えてくれた。
長距離ドライブ時は、GPSとiPadを充電しながら走行できる準備が必要だろう。


iPadナビ計画2 GPSをつけた

Bluetooth対応のGPSレシーバー「XGPS150」を購入した。

充電し、車のダッシュボードに仮置き。
iPadとのBluetooth接続は、パスワードなど設定も全く無しで簡単につながった。
AppStoreからXGPS150専用ユーティリティソフトのダウンロードを促すダイアログが表示されるので従う。


こんな画面で、GPS衛星のデータ取得状況や緯度経度、速度、GPSレシーバーのバッテリ残量などが表示できる。

カタログスベック的に8.5時間使用可能なバッテリは、実際に8時間ぐらい使えた。
付属しているダッシュボード設置用のケース(シート?)に入れるとUSB充電ポートが隠れてしまい、使用しながらの充電はできないので注意。


iPadナビ計画1 車載ホルダーをつけた

俺の車は古い。
買い替えたいのだが、ワンピースのロッドが乗り、NAで、8,000回転回り、6足マニュアルで、乾重量1,200Kg以下の車がなかなか見つからない。
(多分このスペックの車は、永遠に新しく出ないのですが)
結果として、ナビが古い。新しい道を知らない。
しょうがないので、iPadをナビにすることを決めた。

まずは車載ホルダーを買った。サンワサプライだ。殴ったり、飲んだり、口説いたり、色々な思い出が・・・

車につけてみた。
マニュアルは読まずに取り付けてみた。
なんか部品が色々余った。

300Kmほど、かなりどたばた走ってみたが、ホルダーは外れなかった。
iPadも壊れなかった。

iPadの取り付けはこれでOK。

しかし、俺のiPadはWifiモデル。
GPSが載ってないので、都心はともかく、郊外に出るとまったく位置を拾えない。
つまり、ナビとしては全く役に立たない。
でも、車載ホルダーをカーナビのディスプレイの前につけてしまったので、もう引き返せない。

ということで、次の商品をポチった。

来週に続く。